業務内容

マンションカバー工法のご紹介

カバー工房とは

カバー工法とは、既存の枠の上から新しい枠を取付ける工法のことです。
サッシ(窓枠)リフォームにおいては、古いサッシを取り除き枠を残したまま新しいサッシを取り付けるため、壁や床を壊すことなくスピーディーな取替が可能です。
早ければ1日で施工出来る事も特徴です。
窓を入れ替えるサッシ工事がかなり面倒な工事である反面、カバー工法はコストも時間も削る事が可能です。

カバー工法のメリットをまとめると、下記のようになります。
・施工コストが下がる。
・工期の短縮が可能。
・古い建物や鉄筋コンクリート造、鉄鋼造の建物への対応も安易。
・躯体(下地や建物の骨組み)を傷めない。
・内装工事(クロス工事、左官工事など内壁の補修工事)がほとんど必要ない。
・外装工事(サイディング工事、タイル工事などの外壁の補修工事)がほとんど必要ない。
・ペアガラスや樹脂サッシにすることで断熱効果が増す。

サッシリフォームを検討されている方は、YSK工房のマンションカバー工法・住宅カバー工法をご検討ください

「LIXIL」「不二サッシ」「ルーテス」「三和シャッター」「YKK」等のメーカーを取扱っております。

カバー工法とは

PRO-SE・RF

ビルサッシサーモス

新築同様に開閉がスムーズで静かになります。サッシを取り替えた後も、改修前とほぼ変わらない採光・通風により快適性を実現します。開口寸法も古いサッシとほとんど変わりません。

画像・文章参照元:LIXIL (外部サイト)

マンション カバー工法は、一世帯あたり最短半日で工事完了します

カバー工法という、既存枠をそのまま利用して取り付ける為、住み替える必要なくサッシ周辺のハツリ工事や内装工事が不要です。
本体の撮りつけ時間は1窓あたり約1時間程度です。

画像・文章参照元:LIXIL (外部サイト)

カバー工法(RE工法)とは

広い開口

当社が独自に開発したアタッチ材の採用で、従来のカバー工法より開口を大きくすることが可能です。

最高水準の断熱性能と遮音性能

断熱サッシ「Super70 シリーズ」との組合せで、空気層12mm の複層ガラスを装着することが可能になり、最高水準の断熱性能を発揮。同時に遮音性能も向上します。

段差の解消でバリアフリー化

段差のない「下枠フラットサッシ」を標準設定していますから、室内・バルコニー間がフラットなバリアフリーを実現します。

防犯性や操作性がアップ

ロックやハンドルなど豊富な付属品を装備することによって防犯性や操作性がアップします。

工事中もお部屋が使える

大がかりな工事が不要な工法ですから工事は比較的短時間で済み、暮らしへの影響は最小限です。

美しい外観を実現

枠も障子(ガラス戸)も一新しますから、美しい外観の窓に生まれ変わります。

画像・文章参照元:不二サッシリニューアル株式会社 (外部サイト)

マンション カバー工法

古いサッシに、新しいサッシをカバー工法で取り付けします。
古い枠に新しいカバー枠をかぶせるように取り付けるカバー工法は、壁をこわさずに施工できるため作業の安全性も高く、騒音も抑えられます。

カバー工法で、マンションの玄関ドアを改修いたします。

マンション カバー工法 サービスご紹介

改修用玄関ドアの特徴は、下記のとおりです。
●既存枠の開口を無駄なく活用し、開口寸法の減少を最小限に抑えます。
●取替枠は全てビス止めによる無火気工法であるため、作業の安全性を高めます。
●短い施工時間での取替が可能です。
●防犯性能の高い扉に取り替えることにより、暮らしの安心を提供します。
●バリエーション豊富なデザインとカラーにより意匠性が高まります。

画像・文章参照元:ROOTES (外部サイト)

マンション ドアカバー工法 サービスご紹介

BL改修用玄関ドア

三和のBL玄関ドアの改修用です。
官民合同会議が定める防犯性能を含め、断熱性能、遮音性能などの厳しいBL基準をクリアしています。
これらの高い性能を持ったBL改修用玄関ドアは、これからの社会のニーズに的確に応えてまいります。

画像・文章参照元:三和シヤッター工業株式会社 (外部サイト)

こんな嬉しいメリットがあります!!

美観の向上
省エネ効果
断熱(遮熱)効果
防音(遮音)効果

施工料金の目安(YSK工房は激安価格で対応します)

おおよその施工料金の一例を、下記に挙げております。

マンション玄関 カバー工法
材料施工 = 130,000(税別)
アルミサッシ カバー工法 はき出し窓
幅1700x高さ1800 材料施工 = 185,000円(税別)

※お客様のご要望に応じて、料金が変動いたします。
詳しくはお問い合わせください。

取り扱いメーカー

不二サッシ株式会社、YKK AP株式会社、LIXIL、三和シヤッター工業株式会社、ルーテス、大日メタックス株式会社金剛産業株式会社、株式会社エクセルシャノン